時計の大橋 tel 096-353-0084

JEWELRY OHASHI tel 096-355-2967

営業時間 11:00~19:30

ご来店予約
WATCH JEWELRY BRIDAL LIFESTYLE NEWS 店舗紹介 会社概要 リクルート お問い合わせ
お問い合わせ ご来店予約

[ NEWS ]

PANERAI COLLECTION – 2021 Autumn

2021/9/3 (fri) - 9/27 (mon)

パネライ コレクション
2021/9/3 (fri) – 9/27 (mon)


スイスの時計製造技術とイタリアンデザインが融合した、比類なき存在。

 

1860年、ルネッサンスの中心地であり芸術と科学発祥の地フィレンツェにパネライは設立されました。 フィレンツェ初の時計店・時計工房であり、フィレンツェ初の時計学校でもあったパネライは20世紀初頭、イタリア海軍からの要請により軍事用高度精密機器の製作を開始し、1916年ラジウムをベースにした発光性物質『ラジオミール』を開発しました。

完全な暗闇の中でも計測機器を使用できるようになり、戦術的軍事機器に革新をもたらしました。 そして1936年にはイタリア海軍第一特殊潜水部隊のために世界初のミリタリーダイバーズウォッチ『ラジオミール』を完成させました。

1949年には新しい発光物質「ルミノール」を開発しさらに進化していきます。
長く軍事機密として扱われていたパネライは、1993年に民間用コレクションを発表。今日に至るまで常に研究を重ね、新しい機構を生み出し、デザインをブラッシュアップさせながら常に進化を続けています。


RECOMMEND MODEL
ルミノール マリーナ 44mm

¥946,000(税込)
Reference : PAM01313
ムーブメント:自動巻
ケース径:44mm
ケース素材:ステンレススティール
防水性能:300m
文字盤:ブルー
ストラップ:アリゲーター
・自社製P.9010 キャリバー
・中央に時針と分針、9時位置にスモールセコンド、3時位置に日付表示

 

時針だけを1時間ずつ前後にジャンプさせる機能は、分針の動きに妨げられることなく時間を調整することが可能で、タイムゾーンが変わる際や夏時間と冬時間の間を移動する際に非常に便利です。また、時針の動きに合わせて日付を自動調整する機能も備わっています。


フェア期間中は長期(60回)無金利ローンをご利用いただけます


【シリーズ紹介】

ルミノール

過酷な条件下でも衝撃から時計を保護し、優れた防水性能を発揮するレバーロック式のリュウズプロテクター。 完全な暗闇の中でも時刻を瞬読み取れる明快なダイヤル。

イタリア海軍の厳しい要求に応えるために開発されたその時計は、大振りで厚みのある堂々としたフォルムで、一目でパネライとわかる確かな個性を持っています。

 

>>「ルミノール」シリーズを見る

 


サブマーシブル

1956年にエジプト海軍のために製作した「エジツィアーノ」から着想を得たダイバーズウォッチ「サブマーシブル」 潜水時間を読み取るためのマーカーを配した回転ベゼルを備え、ドット又はバーインデックスで構成される文字盤は非常に強い個性を放っています。

近年、革新的なハイテク素材を使用したモデルが数多く発表されています。

> >「サブマーシブル」シリーズを見る

 


ルミノール ドゥエ

パネライの歴史に新たな一章を刻む、“薄さを極めた”「ルミノール ドゥエ」
オリジナルの美しさはそのままに、より現代的な機能を備えパネライ史上、最小・最薄モデルとして誕生しました。
リュウズプロテクターを備えたパネライらしいビジュアルを保ちつつ、従来のケースの約40%の薄さを実現。

スポーティーでありながら着用シーンを選ばないオールラウンド性や、軽い着け心地で新たなパネライの魅力を発信しています。

>> 「ルミノール ドゥエ」シリーズを見る

 


ラジオミール

パネライの時計製造のルーツであり、世界初のミリタリーダイバーズウォッチ「ラジオミール」 文字盤を保護するように形成されたクッション型ケースがすぐれた耐久性を実現し、ねじ込み式裏蓋とねじ込み式リューズによる三部構造は高い防水性を確保します。

また、ワイヤーループ式ストラップアタッチメントがラジオミールのデザインを際立たせます。

「ラジオミール」の名は、パネライが特許を得た発光素材の名称であり、この素材によりラジオミールが水中使用で理想的な時計となったのです。

>> 「ラジオミール」シリーズを見る


ラジオミール1940

最初のラジオミールを進化させた「ラジオミール1940」 イタリア海軍からの更なる要求にこたえるため、極限の条件にも耐えられるよう強化されました。 ケースの厚みを増し、ラグをケース本体と一体型構造にすることで衝撃への総合的な耐性が大幅に向上しました。

また、輪郭が強調されたクッション型ケースと、円錐型から円筒型へと変更されたリューズの形状もラジオミール1940の特徴です。 後のルミノールへと続く進化の過程を感じるコレクションです。

>> 「ラジオミール1940」シリーズを見る


世界の時計ファンを魅了してやまないパネライの
優れた耐性力、視認性の高さ、追求された機能美を
この機会にぜひご体感ください。


OHASHIでは感染防止対策を実施しております。
>>詳しくはこちらから

▲TOP